ポータブルスピーカー

久しぶりの更新。。。

ちょっとしたものを聞くのに、iPhone のスピーカーは貧弱だし、イヤホン、ヘッドホンもかったるく思えることがあるので、ワイヤレスのポータブルスピーカーを物色。

最近、風邪を引いてしまって、家電量販店での試聴ができなかったので、Youtube で、色々検索。

探しているうちに “binaural comparison” というキーワードで探すと、バイノーラル録音(人間の耳の位置にマイクを置いて録音する方法)で、各種のスピーカーをレビューしている動画を多数発見し、iPhone の付属ヘッドフォン (解像度は低いが、特性的にはいいと思う) で色々聞き比べたところ、Bang & Olufsen の Beoplay A2 が良さそうと言うことになった。

Amazon で旧型が安かったので、旧型をゲット。25000円くらい。

ちと高いが、私はドンシャリ音が嫌いなので、大人っぽいバランス良い音で聴かせるタイプがいいし、BGM 目的なので解像度が高すぎて疲れるのもよろしくない、で、Bluetooth 接続なんだけど、出来れば AAC が使えた方が音質がいいし、邪魔にならないデザイン、そして、音量調整が細かく出来ること。という点でこれになった。 ワイヤレススピーカーでありがちなのが、最小ボリュームがすでに大きかったり、刻みが荒くて、丁度いい音量にならなかったりとかがあって、今までも3つくらい買ったが不満があった。今回のこれは、そうした点も良く出来ていて、さすが Bang & Olufsen だなあと。

ちなみに、人生初バング&オルフセン。 正直、くそ高いばかりで音は微妙という印象があったのだが、自分も大人になって、音作りの面ではそれなりにこだわっていることが理解できたし、このサイズに対して、あり得ないような大型ドライバ※を入れてるところなんかは軽く狂気を感じたりして、色眼鏡だったのかな? と今では思う。(それでも、コストパフォーマンスは決していいとは思わないけれど)

※ 3インチフルレンジ x 2,
3/4インチツィーター x 2,
3インチパッシブラジエター x 2,
D級バイアンプ駆動

今回は、セカンドラインの “B&O” (Margaret Howellに対するMHLみたいな)だけど、いつかは “Bang & Olufsen” 欲しいな。。。と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください