Raspberry PiでCI(継続的インテグレーション)

。。。こんなタイトルで書いたけど、実質、ちょっとしたビルドタスクを動かすくらいの話。

仕事として、プログラムを組んでいるわけではないし、ビルド、テスト、デプロイにツールを使うほどの状況ではないのだが、環境構築遊びとして、ビルドツール / CI ツールを検討。

試したたのは、Jenkins と Strider と Rundeck  。。。と Git の hook。

動かしてみると、JenkinsStriderRundeck も Raspberry Pi には重すぎた。。。(結論早いw)
一応、Raspberry Pi 3B だったら、多少の我慢で動くけど、アクションを起こしたときにしか動かないツールに、普段から400~600MBものメモリを使う気にもならず、結局、あきらめた。

Strider が、若干軽いが、ほんの少しの違い。

で、結局、Git の hook を使うことにした。 同期処理になってしまうけど、gogs の常駐以外にメモリも使わないし、元々 gogs が動いていたのだから、追加コストなしで動作というのは大きい。

hookの注意点としては、

  • gogs / Git のユーザで動くので、それでできるように仕掛けておく必要がある。 事前に `sudo su – git` して、一連の操作を手動で実行できるか試すといい。
  • スクリプト中で、Git を使う場合、例えばワーキングディレクトリ内にいったん、clone もしくは pull したりするときは git に --git-dir=.git のように Git ディレクトリの明示指定が必要。
  • 普段ログインするユーザではないので、PATH とか ~/.ssh/id_rsa とかがいつもと違うので注意。

ということくらいか。 スクリプト中でエラーになると、クライアント側の push の際に画面にエラーが出るので、よく見ること。

もし、非同期でやりたかったら、gogs で Webhook を飛ばして、github-webhook-handler を使って、node.js で書いたコードで受けるのが Raspberry Pi らしいかな。ビルドに失敗したら、パトランプ点灯とか(笑)

cron で数分おきに監視する手もあるけど。 しょぼいが。。。

マルチユーザーで重なった時に、キューイングする事とかは、全く考えてません。悪しからず。

ワーキングディレクトリをタイムスタンプ名で作って clone してビルドで結構いけそうだけど、そこまでしたくないねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください