Raspberry Pi で Let’s Encrypt (続き)

サイトを引っ越した。
引っ越しページも何も無く、唐突に動かしたので、元々、独り言ブログだったのが、さらに極まることに(笑)

以前、dynamic dns サービスの mydns と Let’s Encrypt の組み合わせで、制限に当たってうまくいかないという話と、格安 SSL に関する調査の話を書いた。
今回はそれの続き。

色々考えたんだけど、ドメインを取って、Let’s Encrypt を使うのと、無料DNSで格安SSLを使うのとで、どっちがいいかと考えると、金額的には変わらないし、同じくらいの金額でシンプルなドメイン名がとれるならと、結局、ドメインを取って無料SSLという、非常にオーソドックスな解決法に落ち着いた。

ドメイン名を買って、mydns に登録して、Let’s Encrypt で暗号化して今に至っている。 ドメインは某有名格安業者だが、dynamic dns の更新が Windows にしか対応していないので、DNS サーバは継続して、mydns を使うことにした。

Let’s Encrypt の更新も cron に登録したが、実際に更新されるのは 2ヶ月後になる。

サイト全体をSSL化することができたので、ついでに HTTP/2 にも対応した。

サーバーは Raspberry Pi だが、サクサク動いて、ちょっと感動的である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください